コーディネート代行【メンズファッション】

コーディネート代行や買い物代行はなぜ男性向き?

男性は買い物が苦手&無駄な買い物も多い?

せっかく服を買っても、いざ手持ちの洋服と合わせてみたら合わなかったセンスのいい服を選ぶ自信がないオシャレをする事が面倒仕事が忙しくて洋服も買っていられない、そんな男性は多いのでは?また、ショップのマネキンや店員さんが着ている洋服はセンスが良いのは当然ですが、実際に自分の身長や体型に合うとも限りません。買ったところで似合わなかったらたんすの肥やしになってしまいます。すでに、タンスやクローゼットの中には一度も着る事がなかった洋服が眠っている人も多いでしょう。

男性は洋服に興味がない人が多い?

実は、ファッションに興味があり、自分の洋服のセンスに自信を持っている男性というのは少ない傾向にあります。もちろん、女性だってセンスが良い人もいればそうではない人もいるように、男性も興味があるか、おしゃれが好きかどうか、自分の外見の自信の程度によってもファッションに対しての意気込みも変わってきます。このように、コーディネートに悩みを持っている男性は意外に多く、オシャレな人の方が少ないのですから、自分だけがセンスがないと落ち込む必要はありません。

でも多かれ少なかれコーディネートの悩みってありませんか?

コーディネートの悩みで次いで多いのが、良かれと思って通販などに手を出してしまうことです。通販などでは安く洋服が手に入りますので得をしたような気になりますが、実際に手元に届いてみたら想像していたものと違っていたということも少なくないのが現状です。ファッション誌を見て買い物に行っても、スーツばかりで意外に着る機会がない事に気付いたという方もいるくらいです。コーディネートの悩みは人それぞれですが、大なり小なり男性は悩んでいる事だと言っても言い過ぎではないかもしれません。

コーディネート代行・買い物代行で何ができるようになる?

買い物に費やしていた時間を他に有効活用できます

最近、コーディネート代行サービスなるものが注目されている事をご存知でしょうか。コーディネート代行サービスは、仕事で忙しく洋服を買いに行っている暇がないという方はもちろんのこと、自分に合う洋服を選ぶことができない、またファッションセンスがなくて、何を着てもオシャレに見えないなど、ファッションに関する悩みを抱えている方におススメの方法です。ストレスだった買い物を他の人に任せられれば、有効活用できる時間が増えます。苦手なことは得意な人に任せてしまうというのはとても合理的な選択といえるでしょう。その分、自分の得意なことややりたいことに時間を使えれば生産的に違いありません。

無駄な買い物をしなくなります

自分なりに考えて洋服を買ったのにまったく着ないクローゼットの中に同じようなものばっかり増えていくこともなくなり、本当に必要なもの、自分に似合うもの、いろいろなファッションに合わせやすいものなど、ムダに服を買う事がなくなりますので、結果的にはお財布にも優しいですよね。もちろん、今自分が持っている洋服をどうやって合わせるか、サイズや色合いなどの知識も身につきますので、私服を着ることが苦になりません。このように、コーディネート代行はオシャレな自分を見つけられ、開花させられる方法でもあります。

自分でコーディネートを考える必要がなくなります

コーディネート代行を利用することで、仕事もプライベートも両方に適した服装というものがどんなものなのかを知ることができ、ファッションセンスが磨かれてきますので、自分で洋服を選ぶときでもスムーズに購入することができるようになります。トータルコーディネートをお願いすることもできるので、コーディネートに頭を悩ませる必要もなくなります。また、流行を押さえつつ、自分に似合うファッションが分かってきますので、買い物をする時の憂鬱感もなくなりますし、買い物に行くのも楽しくなり、おしゃれをして出かけたくなる事が増えるでしょう。



メンズファッションのコーディネート代行に興味がある方へ

メンズ専門コーディネートサービスならまずはライフブランディングがおすすめです。「ガイアの夜明け」や「日経ビジネス」など著名メディアでも取り上げられた話題の会社で、サロンで採寸やヒアリングに応じるだけで自分に合ったコーディネートを用意してくれる会社です。仕事で忙しくて買い物に行けない・あまり個性的なファッションには抵抗があるけど普通にかっこいいスタイルを効率的に手に入れたい30代、40代男性に人気です。

ones-style.jp/

日経MJ(日経流通新聞)

消費と流通、マーケティング情報に特化したマーケティングジャーナルです。百貨店、スーパー、コンビニエンスストア、専門店などの最新動向を伝えると同時に、急拡大する電子商取引(EC)市場の動向やニューサービスもきめ細かく追跡・発掘します。

www.nikkei.co.jp/mj/